九州の古豪、ついに引退へ

9月23日、ついに西九州新幹線(武雄温泉ー長崎)が開業します。また、それと同時にJR九州ではダイヤ改正が実施されます。特に長崎地区では、博多から長崎を結ぶ特急「かもめ」の廃止と、新幹線が通らない鹿島市肥前鹿島と博多を結ぶ特急「かささぎ」の登場、そして肥前鹿島~諫早間が非電化になり、それにともない登場する特別カラーのキハ47や観光列車「ふたつ星4047」の登場など、さまざまな変化が見られることとなります。

 

しかし、その一方で、ひっそりと引退していく車両がいます。

 

415系

1960年に国鉄初の本格的な交直流近郊型電車として登場した401系の流れを汲む、国鉄の交直流近郊型電車の完成版ともいえる形式です。

1971年から国鉄分割民営化直後にかけて製造され、いくつかの番台区分が存在します。

1971年から製造された0番台、同番台の改良版として1978年から製造された100番台、1982年から製造され座席がオールロングシートとなった500番台、常磐線の増結用として製造された700番台、211系に準じたオールステンレスの車体を持つ1500番台などがあります。

変わり種としては215系や211系のハイデッカーグリーン車のように二階建ての客室を持った1900番台が一両のみ製造されました。(クハ415-1901)

また、JR西日本では金沢地区用に113系を改造して生まれた800番台が活躍していました。

 

しかし、新型車両への置き換えに伴い、JR東日本からは2016年(0番台等の鋼製車は2007年)に引退。特に変わり種の1900番台は運用上の難があり2006年に早くも引退しました。また、JR西日本の800番台も2021年3月のダイヤ改正を以て運用離脱、現在順次廃車解体が進んでいます。

 

JR九州では0番台が全廃された2014年以降、鋼製車の100番台と500番台、ステンレス車の1500番台が残存し、活躍を続けてきました。2021年には新型車両821系の導入に伴い、花形運用であった12連での快速運用が終了、さらには2本が運用離脱、廃車となりましたが、それ以外の編成は今日まで往年の姿を留めながら活躍を続けてきました。

特にFO117編成は、ロングシートへの改造などにより数少なくなったセミクロスシートを持つ編成として、近年では団体臨時列車としても活躍しました。また、JR東日本からの譲渡車も存在しました。

しかし、時代の流れには抗えず、今回のダイヤ改正で鋼製車の100番台と500番台に関しては引退ということになったようです。

415系長崎本線では朝夕の時間帯のみでの運用だったため、中々見かけることはありませんでしたが、前述した団臨などで撮影することができました。

 

約50年前、421・423系や415系は旧型の客車や気動車が中心だった九州の普通列車に新しい風を吹き込みました。

引退は残念ですが、その時と同じように、今度は新型車両の821系などが、九州の普通列車に新しい風を吹き込ませることを私は期待しています。

 

ひとまず415系100番台·500番台、長い間お疲れ様でした。

黎明期の九州を支え続けた彼らに、ただただ感謝です。

 

2022.9.22

 

一枚目・2021年9月 佐賀駅

二枚目・2022年8月 伊賀屋ー神埼間

 

 

久しぶりのイベント

先日、数年ぶりの開催となった「佐賀栄の国祭り」の一環として開催された、「エスプラッツ誕生祭」にて、緊急車両の展示が行われるということで、撮影に行ってきました。
このイベントは午後3時スタートだったのですが、私は残念なことにちょうど午後3時から塾に行く予定が入っており(一応受験生だったりします)会場入りする車両を撮影した後すぐにその場を離れなければいけなかったのが少し心残りです(笑)
そのため写真の枚数もあまり多くありませんが、人が少ないうちに撮影できたので良しとしましょう(笑)

では、参加車両を一台ずつ紹介していきます。

①佐賀南警察署 交通課 交通取締用四輪車「佐賀南67」





早く着きすぎてしまったのか、しばらく会場周辺をウロウロしていました。おかげで舐め回すように撮れました(笑)

②交通機動隊 交通取締用自動二輪車

帰宅して写真確認したらこの一枚しか撮ってませんでした泣
新型CB、カッコいいですね!

日本自動車連盟(JAF) 佐賀支部 レッカー車



赤灯付きの車両は撮ったことがなかったので嬉しかったです!

④佐賀消防署 水槽付きポンプ車(非常用)「佐消佐賀60」



個人的に撮り直したかった車両なのでとても嬉しかったです!吸管むき出しのデザインが渋くていいですね!

⑤所属不明 高規格救急車(非常用)「佐賀救急81」



(参考)現在の佐賀広域で一般的なタイプの表記

この救急81のようなタイプの表記は減ってきています。(下手したらもうこの車だけなのでは…?)

久しぶりのイベントでしたが、とても楽しかったです。
今後パンデミックが終息し、以前のようにイベントを自由に楽しめるような日々が戻ってくることを祈っています。


佐賀広域消防局 佐賀消防署 50m級はしご車 「佐消佐賀14」

今回は消防車両を紹介します。

所属署所︰佐賀広域消防局 佐賀消防署
運用隊︰はしご隊
車種︰日野 プロフィア
導入年度︰不明
CS︰佐消佐賀14
近年になってシャッターデザインが追加されています。

f:id:Saga_rescue_119:20220307175513j:plain
f:id:Saga_rescue_119:20220307175530j:plain
f:id:Saga_rescue_119:20220307175700j:plain
f:id:Saga_rescue_119:20220307175749j:plain

屈折はしご車「佐消佐賀15」との2ショットです。
f:id:Saga_rescue_119:20220307175913j:plain

佐賀県警・県費導入の事故処理車

今回は警察ネタで。
今回取り上げるのは、佐賀県警が約10年前に県費で導入したトヨタハイエースの事故処理車(誘導標識車)です。
この車両は事故処理車タイプと誘導標識車タイプで合わせて10台弱が佐賀南、佐賀北、神埼、小城、唐津、白石などの警察署の交通課に配備されています。特に佐賀市内在住の管理人にとっては街中や警察署で見る機会が多い車両ですが、先述した通り既に配備から10年以上が配備しており、更新も近いと思われます。後継車両の車種や仕様も気になるところです。


上の2台は佐賀南警察署の個体で、管内をパトロールしたり、事故発生時には地域課の無線警ら車などと共にいち早く現場に臨場したりします。CSはそれぞれ佐賀南64、同61です。

初めまして

この度ブログを始めました。どうぞよろしくお願い致します。
当ブログでは、管理人の住む佐賀県内(主に佐賀市)で撮影した緊急車両や鉄道の写真、管理人の日常生活などを紹介します。同趣味の方はもちろん、それ以外の方も大歓迎です。どうぞよろしくお願いします。
Twitterも運用しております。宜しければ下のリンクよりアクセス頂きフォローして頂ければ幸いです。
Twitter https://twitter.com/Saga_rescue_119?t=we76oMF492AfrT7W3mHdow&s=09